2012年11月2日金曜日

COBRA STYLE次回ライヴ!

なんと、COBRA STYLEが石川道久セッションのFrontを努めます!!
以下、主催のONE DROPオーナーカジ君の日記を貼り付けます。


『石川道久セッション LIVE』
11月25日(日)
at ONEDROP (八戸市)
20:00~
¥2000 (1D)

special guest

『石川道久セッションBAND』

A.Sax 石川道久 [THE SKA FLAMES]
 Trombone 伏見仁志 [ワックワックリズムバンド]
 Guitar ワダマコト [カセットコンロス]
 Violin 内田コーヘイ [TUFF SESSION]
 Drums 菅沼雄太 [DUB MESSENGERS,NAUMA,mi-ne,EGO-WRAPPIN']
 Bass 小粥鉄人 [TETSUNIQUES]


front act 「COBRA STYLE from aomori」


石川道久セッションバンドです!
オーセンティックスカのバンドです。
大人なエロい感じのスカですよ。
スカフレイムスの石川さんのバンドです!

メンバーも豪華です。

*ワダマコト(Guitar): トリニダッド、キューバ、といったカリブ海の音楽から、アフリカ、ブラジル、ニューオリンズなど様々な音楽を奏でる雑食ライヴバンド・カセットコンロスのヴォーカル&ギター。イビツなリズムと、そこに親しみ易いシンプルなメロディと歌をのせたユルい音楽を額に汗して奏でる。

*小粥鉄人(Bass):
スカやロックステディ、アーリー・ルーツを軸にした音と、日常的な感覚から発せられる歌世界で聴く人皆を魅了する、TETSUNIQUESのリーダー的存在。ベース担当。

*菅沼雄太(Drums):
ドラムとしてACOUSTIC DUB MESSENGERSやNAUMA、mi-ne、EGO-WRAPPIN'等数多くのバンドに参加。

*内田コーヘイ(Violin):
レゲエ・ミュージック本来の魅力、ましては音楽の本当のあり方を示し、何者にも縛られることのない自由な音楽を奏でることを標榜しているバンド・TUFF SESSIONのヴォーカル&バイオリン担当。

*伏見仁志(Trombone):
ジャンル形容不可能、強いて言えばリズム&ブルースとロックを下敷きにファンキーでポップで常に全力疾走なワックワック節を確立したホーンセクションを含む10人編成のインストパーティーバンド・ワックワックリズムバンドのトロンボーン担当。

そして、フロントアクトには、青森から大人のダブバンド!
コブラスタイルがやってきます。
こちらも、カッコイイバンドですね。
しかも、メインが同じサックスという。


いやー、本当に楽しみです。
まさか、ウチの店で、こんな大御所をやれるなんて。

みなさん、是非遊びに来てください。

0 件のコメント:

コメントを投稿